イオン銀行の2つの自由なローン

銀行では、さまざまなローン商品を展開しています。住宅を購入する際の住宅ローン、新車を購入する際のマイカーローン、お子さんの教育のための教育ローンといったものです。

 

こういった目的が定められているローン商品以外にも、フリーローンやカードローンといったローン商品は、原則使い道は自由ですので、利用者の目的に合わせた使い方ができます。

 

イオン銀行でも、カードローンの「イオン銀行カードローンBIG」やフリーローンである「イオンメンバーズローン」といった、目的を特に問われないローン商品があります。しかしこの2つのローン、結構違いがあります。

 

イオン銀行カードローンの申し込み条件

まずは、申込ができる年齢についてです。イオン銀行カードローンBIGは、20歳から65歳まで申し込むことができますが、イオンメンバーズローンに関しては、20歳から60歳までの申込となっております。

 

イオン銀行カードローンBIGは、申込年齢の幅が広いにもかかわらず自由度がより高いローン商品ですので、かなり有利と言えます。

 

返済日についてもしっかりと確認

次に、返済日についてです。イオン銀行カードローンBIGは、返済日が毎月7日と決まっております。一方でイオンメンバーズローンに関しては、返済日が毎月10日、20日、30日の中から選ぶことができます。お勤めの会社の給料日のタイミングに合わせて返済日を選ぶことが可能な点は、イオンメンバーズローンに一日の長があります。

 

申し込み方法についても、違いが見られます。いずれのローン商品につきましても、郵送もしくはイオン銀行店舗で申込ができるという点では共通しています。

 

イオン銀行カードローンBIGでは、これらの申込方法に加えて、インターネットからの申込ができるようになっております。さらにイオン銀行の口座を持っていてインターネットバンキングに登録していれば、よりスピーディーな申込が可能なのです。

 

借り方によって金利も異なる

金利についても異なります。イオンメンバーズローンの金利は、固定金利となっております。年利9.8パーセントもしくは年利13.5パーセントのうち、審査によってどちらになるかが決定されます。

 

一方でイオン銀行カードローンBIGの金利は、変動金利を採用しています。年利3.8パーセントから13.8パーセントまでの変動金利が、限度額により決定されます。

 

通常、自由度の高いカードローンの金利は、高く設定されるものなのですが、イオン銀行のカードローンの場合には、フリーローンと比べても遜色ない低金利を誇っているので、非常に魅力的な商品となっています。

他の銀行カードローンの魅力に迫る

イオン銀行カードローンは審査時間が長いデメリットもあるため、銀行からの借り入れなら他にも注目をしておくべきでしょう。

 

なるべく早くに銀行から借りたいと考えるなら、最短即日審査となるオリックス銀行カードローン最短審査が優れており、即日での回答が出る場合もあるので素早い手続きとなります。